MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

気がついたらアラサーになりそうって話

明日、10月23日は化学の日です。

なぜ10月23日なのでしょうか?

これは物質の基本単位である「1mol(モル)」にふくまれる原子や分子の数が「6.02×10の23乗」であるというアボガドロ定数にちなみ、制定されたからです。

モルに苦労した人は多いですよね?

 

また、偶然なことに私の25回目の誕生日でもあります。

わざとらしい??

えぇ、これを言うためだけに10月23日が何の日か調べましたよ!!

大学院生→アラサー

f:id:midonon:20170922201848j:plain

18年間の学生生活に終止符を打って社会人になったり、一人暮らしを開始したり、といろいろな初めてを経験した一年でした。

「四捨五入したら20歳だから…」という言い訳が使えるのも、今日までですね。

明日からアラサーを名乗らなきゃ……


身体の調子が悪くなってきたり、無茶が効かなくなると聞きますけど本当ですか???

まだ、学生生活終わってから半年しか経過していないのに。


大学院に進学するか、就職するか迷っている大学3年生の方に伝えたい。

中途半端な気持ちで大学院に進学するのは危険です!!

「修了して社会に出て、すぐにアラサーになる」という現実に打ちひしがれますよ!!
友人もどんどん結婚していきますしね。


小さいときは「25歳って大人だなー」と思っていたんですけど、いざ自分の番になるとそうでもないですね。

まぁ、成人式のときも全く同じことを考えていましたけど(笑)

24歳の感想は「わりとなんとかなる」

f:id:midonon:20170922202110j:plain

それでも24歳の1年間はいろいろなことがありました。

まず、就活を無事に終わったこと。

もともとの第1志望だった業界こそ全滅したものの、研究室のコネのおかげ(?)で無事就職できました。

研究職に見切りをつけて、生産技術職に狙いを絞ったのは正解でした。

しかも、配属されてわかったんですけど、やりたかったことに近い業務ができそうなので楽しみですね。



次に大学院を無事(?)に修了できたということ。

修論が薄っぺらいどころか書けなさすぎてやばい 」のときは全然修論が書けず、とても焦っていました。

研究室の席が隣である同期が第一稿を先生に提出している時に、私はまだ目次書いてましたからね……

そんな私でもなんとか修了できたので、今苦しんでいる方も諦めないでください。



そして社会人となり、半年間無事にやっていけてること。

卒業と別れ。新社会人になることや新生活への不安。」なんて不安になっていましたけど、意外となんとかなるもんです。

まさに案ずるより産むが易しってやつですね。

最後に

だらだら書きましたけど、言いたいのは次の3つです。

  • 悩んでも割りとなんとかなる
  • でも大学院への進学は慎重にな
  • だって修了したらあっという間にアラサーだぞ
  • プレゼントがほしい

amzn.asia

始めて記事に欲しいものリストを張りました。

誕生日だから許してください。