MidoNote

コミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

うっかりミスも怖くない? PDF編集ソフト PDFelement 6 Pro【PR】

f:id:midonon:20180129223249j:plain
あなたが最も使うファイル形式はなんですか?

ワード?エクセル?パワポ?

いろいろありますよね。

 

私はエクセルを使うことが多いです。

ですが、最終的にはPDFの形で提出することになっています。

同じような人も多いのでは?

 

ところがこのPDFという形式、地味に厄介者です。

今回、そんなPDFをいじるのに便利なソフト・PDFelement 6 ProのWindows版を株式会社ワンダーシェアーソフトウェア様に提供して頂いたのでレビューします。

日常業務におけるPDFの使い方

日常業務ではエクセルばかり使っています。

その理由は次の2つ。

  • 主業務が計算すること
  • 提出書類のフォーマットがネ申エクセルで作成されている

「ネ申エクセルに思うところがない」というと嘘になりますが、本題ではないので省きます。


「エクセルばかり使うのに、提出がPDF」は次のようなフローです。

  1. エクセルで資料をつくる
  2. 上司に見せる
  3. ダメ出しを食らう
  4. エクセルファイルを修正する
  5. 上司にOKされる
  6. エクセルファイルをPDF化する
  7. PDFを他部署に送信する

6と7の間で日付ミスやCONFIDENTIAL表示の入れ忘れに気づいた場合、PDFファイルは直接編集できないので、元のエクセルファイルを編集→再PDF化する必要があります。

ミスる自分が悪いのですが、正直めんどくさい……

PDFelement 6Proで何ができるのか?

  • PDFを直接編集可能——PDF内のテキストやオブジェクトを簡単に編集、調整、追加、削除
  • スキャンされたPDFファイルも、OCR処理の後に編集可能
  • 18種類のファイル形式に対応、レイアウトと書式を崩さない、無料ソフトにはできない高度のPDF変換、作成機能
  • PDF編集、変換以外にも機能満載。
  • 注釈付け、フォーム作成、サイズ最適化、安全保護などの機能を備える、ALL-IN-ONEのPDFソフト

特徴は上記の通りですが、その中でも気になる3つを紹介します!

PDFelement 6Proのダウンロードはこちらから

PDFが編集可能

PDFelement 6 ProならPDFへの変換後にミスに気づいても大丈夫!!

なぜならPDFファイルを直接編集できるから!

 

たとえばエクセルを使って書類を作ったとします。

そして上司の許可をもらってエクセル→PDF化。

このタイミングで「あ、CONFIDENTIALの記載忘れた!!」と気づいたとしましょう。

f:id:midonon:20180607215856p:plain
普通ならエクセルファイルを修正しなければいけません……

ですが、PDFelement 6 Proを使うと直接修正できます!!

 

PDFファイルを読みこんだら、「編集」タブを開きます。

f:id:midonon:20180607215935p:plain


そして「テキスト追加」をクリック!

f:id:midonon:20180607215952p:plain


あとはOfficeソフトのテキストボックスと同様に操作できます。

f:id:midonon:20180607220010p:plain


しかもテキストの追記だけではなく、書き換えまで……
先ほどまで「5月」と間違えていたのを「6月」に修正できました!

f:id:midonon:20180607220023p:plain


これでうっかりミスも怖くない(笑)

PDFから他の形式へ変換できる

  • 他者から来た書類がPDFなせいで、数字・文字を手打ちすることに時間を取られる
  • PDF化する前の元データが貰えれば一瞬なのに……

そう思うことありませんか?

私はしょっちゅう思っています。

 

先ほどの業務フローでは他部署にPDFを送っていましたよね。

送る書類がPDF=受け取る書類もPDFなのは自明……

そう、私が受け取る書類も同様にPDFなのです。

 

そんなときPDFelement 6 Proなら、PDFファイルを他の形式へと変換できます。

対応しているフォーマットは以下のように豊富です。

  • PDF/A
  • Word(.docx/ .doc)
  • Excel(.xlsx/ .xls)
  • Powerpoint(.ppt/ .pptx)
  • JPG
  • PNG
  • GIF
  • TIFF
  • テキスト(.txt)
  • EPUB(.epub)

OCR(光学文字認識)で夢が広がる

ぶっちゃけ、この機能に一番可能性を感じています。

具体的には昔の図面のデジタル化。

 

仕事をする上で「昔の仕様」を参照するため、昔の図面を見ることが多いです。

ただ、「昔の図面」って「紙媒体」or「紙媒体をスキャンしただけのPDF」なんですよね……

 

そう、「Ctrl+F」による検索ができないんですよ!!!

効率が悪いったらありゃしない。

そんな訳でOCR化には夢を感じています。

 

まぁ、以下の3つの理由でこの夢が現実になることはありませんが……

  • 会社の図面は持ち出し禁止
  • 自前のPCの使用禁止
  • 「そんなソフトを使わずに目視+紙で作業しろ」という上司指示

最後に

今回はPDFelement 6 Proの紹介をしました。

  • すぐ使えそうなのが「PDFの直接編集機能でミスをカバー」
  • 夢があるのが「OCR機能を使って昔の図面のデジタル化」

このように仕事で使いたいけど、おそらく無理です……

 

昔ながらの石頭企業に勤められている方ならお分かりでしょうが、勝手にソフトウェアをインストールすることができません。

また、新しいソフトウェアを導入することも難しいです。

「セキュリティと安定性のため」と言われていますが、予算不足な気がします……

 

次のような人は、ぜひPDFelement 6 Proを使ってみてください!

  • プライベートのパソコンで仕事している人
  • 会社バソコンに自由にソフトをインストールできる人

無料で使える試用版もあります!

ただし、次のような制限がかかります。

  • OCRでの自動認識機能でファイルの保存が行えない(読み込みはできる)
  • バッチ処理による複数ファイルの一括処理が最大2ファイルまで

OCRで保存できないのは不便ですが、PDFの編集(=CONFIDENTIALの追記とか日付の修正)はできます。

使い勝手やOCR精度の確認も兼ねて、とりあえず試してみてはいかがでしょうか。

 

そして「きちんと使おう」となったら製品版を購入してください。

ちなみに価格は次のようになっており、ぶっちゃけ永久ライセンスが正解だと思っています。

  • 年間更新ライセンス ¥8,280
  • 永久ライセンス ¥9,980

PDFelement 6Proのダウンロードはこちらから