MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

知らなきゃ損!ぼっち回避に頼もしい味方とは

f:id:midonon:20170223200958p:plain

こんにちは! ミドノンです。
下の記事で大学生活を振り返って思い出したことがあります。

midonon.hatenablog.jp

それは入学当初、友人ができなくて「ぼっち」になることをとても恐れていたということです。
ある存在のお陰で、ぼっちになることなく大学生活を送ることができました。

ちなみに私はコミュ障です。

ぼっちはいやだ

私がぼっちを回避した方法、それは部活です。
私は体育会運動部に所属していました。
体育会というだけあって練習はほぼ毎日のようにありました。
はじめは赤の他人だった同期部員もほぼ毎日のように顔を合わせるうちに、いつの間にか友人となっていました。
そのようにしてできた友人とは部活の終わった今でも付き合いがあります。

そうだ、部活に入ろう

というわけで、私は、ぼっちを回避する他の方法として部活に入部することを提案します。
どの学校、どの部活でも合格発表や入学式、春のシーズンは熱心に勧誘をしていると思います。
ぼっちになることを危惧している方は勧誘のチラシを受け取ることから始めてはいかがでしょうか。