MidoNote

コミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

いつもと違う土日になる?定時後即退勤→カプセルホテル泊のススメ

f:id:midonon:20180619212547p:plain

地方の僻地に配属され、平日は家と会社の往復。

通勤時間は短いものの、間になにもない。

休日に街に出ようにも、移動時間が長すぎる。

 

そんな人に提案です。

定時即退勤して街に出ませんか?

そしてカプセルホテルに泊まって、移動時間を節約しましょう!

 田舎暮らしは「 移動時間」がネック

地方の僻地に配属され、平日は家と会社の往復。

通勤時間は短いものの、間になにもない。

休日に街に出ようにも、移動時間が長すぎる。

 冒頭のコレ、すべて私のことです(笑)

平日が「会社⇔家の往復のみ」ってのは慣れましたし、ちょっと勉強すると時間が過ぎて就寝時間になるので大丈夫です。

近くに飲み屋すらないので、「仕事帰りに飲むぞ」と上司や同期に言われて無駄出費することもないし。

 

問題は土日などの休日です。

街に出るまでに2時間くらいかかるんです。

往復にすると4時間ですよ!

(ちなみに往復で3000円くらいかかる。}

5日間の労働を耐えて入手できる貴重な休みを「移動」でそんなに消費するのはもったいないですよね。

 

そこで提案するのが「街に泊まる」ってこと。

先週の休みに定時後即退勤→街へ繰り出す→カプセルホテル宿泊→朝目覚めると街にいるってのをやったんですけど、サイコーでした。

 

具体的に計算すると、次の感じ。

家に戻る→2往復なので8時間と6000円

カプセルホテル→1往復なので4時間と3000円+ホテル4000円=4時間と7000円

つまり1000円の課金で4時間も節約できるってこと!

そもそもカプセルホテルってどんなところ?

 カプセルホテルってググって、公式ホームページ見るのが一番正確ですが、簡単に特徴を列挙すると次の感じ。

  • ホテルとは違って個室はない
  • 施錠できるのは荷物を預けるロッカーのみ
  • 大きな風呂(シャワーしかない所もある……)
  • 大部屋にあるカプセル型のベッドで睡眠

ホテルと違って個室ではなく、自分で専有できるのはカプセルベッドのみです。

「全然リラックスできないじゃん!!」と思うかもしれません。

私も初めて使うまではそう思っていました。

 

でも、よく考えてください。

どうせホテルに宿泊しても部屋で何もせず、寝るだけであればベッド以外のスペースって不要ですよね?

バス・トイレも宿泊中に使うのは数回ですので共用でも気になりません。

むしろ、お風呂は大きいほうが気持ちいいですよね。

 

スーパー銭湯のようにマッサージやあかすりなどのサービスまである場合も!!

先週のカプセルホテル泊(人生3回目)で人生初のマッサージを受けましたが、アレはくせになりますね。

日頃のデスクワークで凝り固まった首・肩・背中がほぐされてめっちゃ気持ちよかったです。

 

カプセルベッドも施錠できないとはいえ、カーテンはあるので周りの視線を遮ってプライバシーの確保もできますし、カプセル内にはコンセントやTVもあるので十分くつろげます。

狭いと感じるかもしれませんが、私は狭い所のほうが落ち着くのでむしろちょうどいいです。

カプセルホテルに行きたくなった人へ

カプセルホテル利用の流れ

何事も初めてやるときって勝手がわからないですよね。

一般的なカプセルホテル利用の流れを書いておきます。

  1. フロントで受付(施設の説明をうける)
  2. ロッカーの鍵を受け取る
  3. 荷物をロッカーに放り込む
  4. 館内着に着替える
  5. 風呂に入る
  6. リラックス!!

だいたいこんな感じです。

最後のリラックスはマッサージ・休憩室で雑誌読む・カプセルでのんびりなど、お好きなようにどうぞ。

 

大まかなところは、どこのカプセルホテルでも同じです。

ただ、館内着やタオルがロッカーにセットしてある場合もあれば、お風呂の脱衣所にたくさんストックしてある場合もあります。

また、ロッカーについても大きいロッカー一つだけな場合もあれば、脱衣所にも小さなロッカーがある場合もあります。

そのへんは受付で説明されると思いますが……

カプセルホテルに宿泊する前に知っていると1.5倍楽しめる

カプセルライフホテルを楽しむのに役立つちょっとしたTipsをご紹介します。

というか、自分がやらかしたことの反省なんですけどね……

袋を持っていく

携帯やモバイルバッテリーなどを館内で持ち運ぶときに便利。

カプセルホテル内では館内着を着用するのですが、ポケットがないケースも…

ポケットがない場合、携帯電話だけならともかく、充電機やコードを持つのに不便ですよね。

そのため、小さな袋を準備していくと便利です。

立派なものではなく、ビニール袋でも巾着でもエコバッグでも、小さいものなら何でもいいです。

予約しておく

「カプセルホテルなら予約無しでええやろ」

そう思うかもしれません。

休み前日など、便利なときは案外空いてないものです。

 

また、予約して宿泊するほうが当日よりも安いケースもあります。

多いのは「7日以上前の予約で数百円引き」でしょうか?

公式HP上は1プランしかないのに、楽天トラベル上では複数プランから選択できる場合もあります。

ぜひ予約してください。

 

ちなみに僕がカプセルホテルを決める際は、次の3つを気にしています。

  • アメニティの種類
  • マッサージの有無
  • 大浴場の有無
  • 立地

アメニティが充実していれば、自前で必要なものが減る=少荷物でOKですからね!

逆に寝具の種類(テンピュールとか)は気にしていません。

正直、寝心地の違いがわからない……

充電機を持っていく

そのまんまの意味です。

枕元にコンセントがあっても、充電機がなければ意味ありませんからね。

レンタルできる所が多いでしょうが、「全品貸出中」だったりしたら目も当てられません。

翌日に備えてしっかりと充電しておきましょう!!

田舎配属の人は検討してみて!

そんなわけで定時後即退勤→街へ→カプセルホテル泊はサイコーってお話でした。

  • 田舎配属で土日しか街に出られない人
  • 会社と寮の間になにもない人

こんな人はぜひ1回試してください!!