MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

今更買ってみました。ノートパソコン用冷却台は何℃冷却できるのか?

f:id:midonon:20171219195853j:plain

ノートパソコンを使って作業をしていると、知らない間に本体が熱くなっていることはありませんか?

私のパソコンはよく発熱しています。

本体が熱かったり、熱風が吹き出たり、パソコンを退かすと机が熱くなっていることすらあります。

 

ご存知だと思いますが、高温はパソコンによくありません。

パソコンが熱くならないように冷却するための道具に「冷却台」があります。

今回はノートパソコンの冷却台を購入したので、どのくらい効果があるのかを紹介します。

ちなみに結果は次のとおりです。(CPU温度で比較)

  • 冷却台なし→82℃
  • 冷却台あり→59℃

冷却台に興味を持った理由

ノートパソコンはコンパクトで使いやすいですが、その分狭い内部スペースに部品が詰まっているので熱がこもりやすいです。

長時間連続運転していると顕著です。

研究室時代、基本的にずっとパソコンで計算を回していたため、パソコンが熱いのなんの。

ファンからは熱風が吐出され、パソコンを持ち上げると置いていた部分が熱を持つほどです。

 

そのため、パソコンが高温になることをすこしでも改善したくて、パソコン用の冷却台の購入を検討していました。

ですが、設置することによる効果がどの程度あるのか不明だったこと、また、お金に余裕がなかったため買うのを諦めました。

 研究室時代は諦めたノートパソコン用の冷却台ですが、最近支給された冬のボーナスで買っちゃいました。

冷却台はちゃんと効果があった

ノートパソコン用の冷却台を買った理由

なぜいまさら冷却台を買ったのか、その理由は次の2つです。

  • 大学のときほどハードな使い方ではないにしろ、パソコンを長時間使う
  • 研究室で使っていた自作冷却台(100円均一の網と脚)もモニターと一緒に譲った

そんな中で私が買ったのはNICEAO ノートパソコン 冷却パッドです。

細かいスペックは販売サイトを見ればわかるので特徴だけ。

  • ファンが3つ
  • USB給電
  • 4段階の角度調節が可能
  • 見た目は安っぽい

ノートパソコンの冷却台がたくさんある中で、NICEAO ノートパソコン 冷却パッドを選んだ理由は2つあります。

1つは値段が安かったこと、2つ目はサイズです。

私の使っているInspiron 15R N5110は横幅37cm強、奥行き26cm強とちょっと大きいです。

安い冷却台を探し、その中で私のパソコンが乗るものがこれでした。

冷却台を実際に使った感想(体感&数値)

冷却台を使った感想ですが、体感で効果があります。

今まで、長時間パソコン を使っているとキーボードが熱くなってきたのですが、それが軽減されました。

また、机の上にパソコンを置いて使用していると熱の逃げ場がないせいか、熱がこもって机が熱くなっていました。

それに対して冷却台を使うと、金属製で熱が逃げやすい+ファンで強制的に送風するおかげで熱がこもりません。

 

 体感だけでは気のせいかもしれないので、実際に温度を測ってみました。

HWMONITORというソフトを使用して、CPU温度を測定しました。

条件

  • 機種: Inspiron 15R N5110
  • CPU: Intel Corei5-2410M
  • メモリ: 8GB
  • 作業内容: 動画を垂れ流しながら、ブログを編集

結果

f:id:midonon:20171219200303j:plain

  • 冷却台なし→82℃
  • 冷却台あり→59℃

負荷のかかる作業が思いつかなかったので「差がつかないかな?」と思ったんですけど、20℃くらい差があって驚きました。

気のせいじゃなくて、ちゃんと効果あるんですね……

まとめ

効果があるか疑って購入を見送っていたノートパソコン冷却台ですが、ちゃんと効果がありました。

ガンガン計算回して、ファンが唸りをあげていた研究室時代に買っておけばよかったです。

 

▼その他の研究室時代に買っておきたかったもの▼