MidoNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

高校英語のつもりで大学を過ごすと後悔するかもよ

f:id:midonon:20170221203426j:plain

こんにちは! ミドノンです。
私には大学へ入学することで安心し、辞めてしまったことがたくさんあります。
その中には「続けておけばよかった。」と思うものがたくさんあります。
「続けておけばよかった。」と最も強く思うもの、それは英語の勉強です。

いまの私は英語力1です

恐らく、大学入学時が私の英語能力のピークでした。
私の友人にも同じことを言っている人が多いです。
大学院に進学した今、特に強く「続けておけばよかった。」と思います。

現在、求めている英語力は、高校生のときに勉強することで手に入れた英語力とは性質が異なります。
高校時のものは目的としての英語でした。
ここでの目的としての英語とは英語を勉強することそのものが目的となることを示します。 
TOEICや試験などがこれにあてはまります。

それに対して、求めているのは手段としての英語です。
英語を勉強することではなく、それを使って何かをすることが目的であり、その手段として英語が必要となるのです。
手段としての英語には次のようなケースが挙げられます。

  • 先行研究を調べるために英語論文を読み込むとき
  • 学会発表をするとき

必要なのはどちらの英語?

あなたに必要なのはどちらの英語でしょうか?
もちろんこの2つは完全に分離したものではありません。
しかし、適した勉強方法はそれぞれ異なるものです。

目的としての英語の場合はインプット一辺倒でよかったのですが、手段としての英語ではそう簡単にいきません。
定期的にアウトプットするのが一番だとは思うのですが、難しいです。

私自身もいまだに試行錯誤中です。
いつか、それぞれに適した勉強方法を身につけたいと思っています。

さいごに

現在も英語の勉強をしている受験生の方や大学1年生の方は、ぜひその習慣を維持してください。