MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

内定が決まって初任給が気になるあなたへ理系院卒が手取りを公開する

f:id:midonon:20170526234937j:plain

こんにちは。つい最近2ヶ月目のお給料をもらってウキウキのミドノンです。

そろそろ就活も終盤ですね。

複数社から内定をもらってどこに入社するか迷っている人もいると思います。

やりがい、規模、知名度など基準は人それぞれでしょう。

お金もその1つです。

 

募集要項や四季報には給与の欄があり、それを見て決めていると思います。

この記載されている金額がいわゆる「額面」と言われるものです。

実際に口座に振り込まれる金額は「手取り」と呼ばれ、いろいろ引かれた結果、「額面」よりも少ない金額となります。

どのくらい少なくなるのか、私の実例を紹介します。

結論から言うと初任給は「募集要項や四季報の金額」よりもかなり少なかったです。(およそ半額)

 

 

▼満額の場合はこのくらい

そもそも「手取り」って?

私も知らなかったので調べてみました。

「手取り」とは、基本給や残業代など、会社から支給されるお金の総額である「額面給与」から、所得税や住民税といった税金、年金や健康保険料などの社会保険料が「控除」として引かれた金額を指します。毎月の給料として、会社から実際にもらえるのがこの「手取り」です。

下のイメージの紫色の部分が「手取り金額」に当たります。

f:id:midonon:20170526232249j:plain

 

引用: 誰でもわかる給料の手取り計算方法&平均給与の実態

 

というわけで「額面給与」、「控除」、「手取り」の3つを紹介します。

無駄に希望を持たせる額面給与

117,000円

募集要項には240,000円とありましたが締め日の関係でおよそ半額になってました。

この時点で辛いですが、もっと減ります(泣)

 

ちなみに私の友人で4月分は支払われず、5月分と合わせて支給という会社もありました。

つまり、4月末にお金は一切入ってこないのです。

引っ越しなどでお金が必要となり、「人生で初めて◯コムの世話になった。」と言っていました。

それに比べたら私はマシですね。

なんだかんだで引かれる控除

  • 健康保険料 8,200円
  • 厚生年金保険料 22,000円
  • 雇用保険料 400円
  • 所得税 50円

控除合計 30,650円

年金が厳しいです。

何が辛いってもらえる額面金額は半月分なのに、年金の控除は1ヶ月分フルなんです。

これだけの金額を(ほぼ強制的に)払うのに、払い損の可能性が高いって悲しいですね……

残酷な現実、手取り

初めに引用したように「手取り」=「額面給与」-「控除」なので

117,000- 30,650=86,350円

これが手元に入るお金です。

少ないですよね。(募集要項には240,000円と記載

 

GWに帰省したんですけど、親へのご飯、交通費、飲み会代、そして新生活準備で消えました。
(むしろ足りなかった……)

一番言いたかったことは「初任給は募集要項よりも少ないことが多いから気をつけろよ」ということです。

5月分からは半月分ではなく、1ヶ月分フルに入ってくるので楽しみです。
今週末にでも記事にしたいと思います。

最後に

この2つがきっかけになって、この記事を書きました。

 

▼満額の場合はこのくらい