MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

目の奥が痛くなったのでJINS SCREENを使い始めて4ヶ月の感想

f:id:midonon:20171008210849j:plain

この記事ではブルーライトカットメガネ(JINS SCREEN)を4ヶ月使ってみた感想をレビューします。

 

あなたは毎日どのくらいPCを使っていますか?

長時間使っていると目の奥が痛くなったりして体調が悪くなりますよね。

私もそうでした。

悩んでいる時にブルーライトをカットすると眼の負荷が軽減される、というのを思い出しました。

 

でも、ブルーライトカットメガネって種類がたくさんあって、どれを選べばいいかわかりにくいですよね。

迷った結果、私が買ったのはJINS SCREEN のヘビーユースタイプです。

4ヶ月使った感想を記すので、同じように迷っている人の参考になれば幸いです。

PC画面凝視→目の奥が痛い

まず、私についてです。

  • 裸眼視力が0.05くらい
  • 家外ではコンタクト、家ではメガネ
  • 24歳、男性

こんなスペックの私は、この春から社会人として働きはじめました。

新人なので「勉強することが仕事だ!」としっかり勉強させて頂いてます。

ただ、過去資料の多くがデジタルデータなんですよ。

 

そのため朝から晩まで、就業時間中ずっとPCとにらめっこしています。

しかも、昔の図面をスキャンした画像のように不鮮明で読みづらい資料も多いです。

潰れた文字を解読するために画面を凝視することもしばしば……

眼に良いわけありませんよね。

 

そんな生活を続けて1ヶ月。

5月のある日、ついに目の奥に痛みを感じるようになりました。

「このままじゃまずい」という時に思いだしたのがブルーライトカットメガネです。

研究室の同期が使用しており「これを使うとだいぶ楽になる」と言っていたのを思い出しました。

 

そんな訳でブルーライトカットメガネを買うことを決意した私。

でも、種類が多すぎて選ぶのが大変でした。

PCメガネおすすめランキングというものが存在する程度には種類豊富です。

 

私はメガネに関しては、実物を手に取って確認してから購入したいタイプの人間です。

大抵のものはAmazonで買っちゃうんですけどね……

 

そのため身近に実店舗のあるJINSとZoffが候補でした。

また、視力補正はコンタクトに任せ、ブルーライトカット機能のみを求めていたので、オーダーではなく出来合いのメガネを比較検討しました。

 

ただ、JINS、Zoffのどちらもブルーライトカット率、価格帯は同じくらいでした。

なので見た目が好みだったJINSのものを購入しました。

購入したのはJINS SCREEN HEAVY USE のウエリントンタイプで5000円くらいです。

どんな商品なのか

私の買ったJINS SCREEN HEAVY USEはブルーライトを38%カットしてくれるレンズが入っています。

レンズは透明ではなく、ちょっと茶色いです。

f:id:midonon:20171008210755j:plain

購入当初は「上司に何か言われかな??」と不安でしたが、とくに何もなし。

 

また、見え方としては若干くすんだ色合いになりますが、文字や図面を見る上では支障は出ていません。

デザイナーさんとかだと問題になるかも……

 

購入以来、仕事でパソコンを見ている間は常に装着するようにしていますが、装用感は悪くないです。

むしろ、普段かけているメガネは重いガラスレンズなので、それに比べてとても軽いため、かけていることを忘れるくらいです。

 

肝心の効果ですが、使い始めてから眼の奥が痛くなったことはありません。

また、目の疲れも少なくなった気がします。

なので「購入してよかった」と満足しています。

こんなことなら研究室配属の時に買っておけばよかった……

もっとカットできるものがあるだと…

就職して眼環境が悪くなり、眼が痛くなったのでブルーライトカットメガネを買いました。

使ってみたらかなり効果があったので、もっと早く買えばよかったと後悔しています。

 

ちなみに私は手に取りたかったので実店舗で買いましたが、オンライン店舗もあります。

ってかオンラインだとブルーライトカット率が60%のメガネも売っているんですね……