定額給付金がなければ致命傷だった・・・社会人4年目の家計簿(2020年6月の結果)

こんにちは! ミドノン(@LearnMidonon)です。

先月に引き続き、気がついたらブログを1ヶ月サボっていました。
退勤してからTwitterとFGOをしていると、あっという間に就寝時間になってしまうんですよね。
そろそろ生産的なことしなきゃ・・・

それはさておき、2020年6月の家計簿結果報告です。
(期間:5/25〜6/24)

2020年6月度 家計簿

5月予算:¥32,4169

ここで言う”予算”は手取り給与(寮費、持株会費、前月分の社食費など天引き済)に以下の項目を足した金額です。

  • 前月分の社食費(前月のうちに食費として計上しており、二重カウント防止)
  • 持株会拠出費用(家計簿上で”投資”として明確にしたいため)
  • 特別費などプール金からの補填
  • 10万円の特別定額給付金
支出予算結果差額
生活費¥88,000¥113,040-¥25,040
自由費¥117,819¥54,780¥63,039
奨学金返済¥22,350¥22,350¥0
特別費積立¥10,000¥10,000¥0
貯金¥0¥0¥0
投資¥86,000¥86,000¥0
合計¥324,169¥286,170¥37,999

収支結果は4万円弱の黒字でした。
10万円の定額給付金がなければ大赤字でしたね・・・
黒字分は全額投資に振り分けますが、投資対象はまだ決めていません。
生活費と混ざらないように証券口座へ入金しておきます。

予算全体に対する貯蓄・投資率は37%でした。

生活費の内訳はこんな感じ。
赤字になっている項目は反省が必要ですね。
被服・美容費ェ・・・

支出内訳予算結果差額
食費¥30,000¥31,134-¥1,134
日用品¥7,000¥4,370¥2,630
被服・美容費¥10,000¥36,982-¥26,982
教養費¥10,000¥4,384¥5,616
娯楽費¥5,000¥500¥4,500
交際費¥5,000¥14,000-¥9,000
医療費¥3,000¥1,436¥1,564
通信費¥8,000¥7,444¥556
交通費¥5,000¥7,790-¥2,790
保険¥5,000¥5,000¥0

家計簿の反省

外見関係の出費が増加

夏服、靴の購入+3ヶ月ぶりの散髪で出費が大きいのは仕方ない。
それにしても予算オーバーしすぎ。
もっと計画時にしっかり考えないと・・・

制限解除された途端にいつも通り

交際費が少し予算オーバー。
はい、会社の飲み会などが普通に復活しました。
あのまま「飲み会」って文化が消滅しても良かったのに・・・

自由費の出費大は携帯電話機種変更のせい

例の10万円こと定額給付金を使って新型iPhone SEを購入しました。
Phone SE(初代)→ iPhone SE(二代目)の機種変更です。

初代SEは2016年発売でしたが、やはり4年違うと性能も段違いですね。

変更前は初代SEでも不満がなかったのに、新型に慣れた今、初代を触っていると遅すぎてイライラしますもん。

携帯電話やパソコンは定期的に買い換えした方が快適ですね。

最後に

2020年6月の家計簿結果報告でした。
なんだかんだでブログをサボりまくり、単なる公開家計簿になってる……
この状態もそろそろ何とかしたいですね。

気がついたら6月も終わり、2020年も残り半分です。
あっという間でした。
割と本気で何も成長してないな・・・

コメント