MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

2017年6月の家計簿

f:id:midonon:20170526234937j:plain

こんにちは。ミドノンです。
ついに7月に突入しました。
つまり、2017年もあと半分しか残ってないわけです。
修論でヒィヒィ言ったり、新生活にむけて緊張していたのが、つい最近の様に感じられます……
時が流れるのは早いですね。

 

4月から働き始めました。
自分の稼いだお金の範囲で生活しないといけないので、「家計簿公開」とか「生活費公開」って記事を参考に予算を立てたり、実績を書いたりしてみました。
でも新生活を始めてから気づいたんです。
「新生活開始時ってめっちゃイレギュラーな出費あるな!!!!」

そんな訳で6月の結果です。

(期間:2017/5/25~6/24) 

 2017年6月度 家計簿

6月予算:18,3163円

 (手取りから寮費や食堂費など天引き分を差っ引いた額)

 

f:id:midonon:20170702220330p:plain

¥27,890の赤字でした。
といっても給料日のうちに¥40,000を口座へ入金しているので口座残高の減少は免れています。

 反省

食費

田舎なので平日は何もできません。
その反動で土日に町へ繰り出し、外食をしていたらこうなってしまった……
対抗策を考えないとまずいかもしれない。

被服費

  • もともとの予算を少なく見積もりすぎた
  • 礼服(¥4,8000)を購入した

の2点が敗因。

医療費

ブルーライトカット眼鏡(JINS)を購入したのが響いています。
でも、就業時間の8割近くは装着しているので後悔していません。

交際費

無駄に飲み会へ参加しすぎたことが敗因。
メンツや頻度を考えて断ることを覚えなければならない。

日用品

 カミソリやブルーレットなどのパック品を購入したため超過。
また、電気ケトルなどをようやく購入。
来月度以降はマシになるはず……

自由費と特別費

 自由費という分類を決めたのがつい最近なのでうまく使えなかった。
次回以降、礼服のようなイレギュラーな出費は自由費か特別費に分類しよう。

さいごに

費目の分類などはこちらの記事を参考にしました。
特別費や自由費など融通のきく費目の割り方が気に入っています。

borw.hatenablog.jp

 楽観的な予算を立てた結果、超過してしまいました。
7月分の予算はこの実績を踏まえて考えます。