社会人4年目の家計簿(2021年1月の結果)

こんにちは! ミドノン(@LearnMidonon)です。

2021年1月の家計簿結果報告です。(期間:12/25〜1/24)

2021年1月度 家計簿

予算:¥302,782

ここで言う”予算”は手取り給与(額面から税金などに加えて寮費、持株会費、前月分の社食費などすべて天引き済)に以下の項目を足した金額です。

  • 前月分の社食費(前月のうちに食費として計上しており、二重カウント防止)
  • 持株会拠出費用(家計簿上で”投資”として明確にしたいため)

要は「自由に使えるお金」ってこと。

支出予算結果差額
生活費¥115,000¥127,641-¥12,641
自由費¥59,432¥1,000¥58,432
奨学金返済¥22,350¥22,350¥0
特別費積立¥20,000¥20,000¥0
貯金¥0¥0¥0
投資¥86,000¥86,000¥0
合計¥302,782¥256,991¥45,791

収支結果は4.5万円の黒字。
そのまま証券口座へ入金しておきます。
もともと予算計上していた3万円と合わせて1月の合計7.5万円。
2021年の目標の一つに「150万円を証券口座に入金」があるので一歩進捗。

生活費の内訳はこんな感じ。

支出内訳予算結果差額
食費¥40,000¥31,525¥8,475
日用品¥5,000¥5,262-¥262
被服・美容費¥10,000¥23,550-¥13,550
教養費¥5,000¥7,978-¥2,978
娯楽費¥5,000¥2,000¥3,000
交際費¥10,000¥11,957-¥1,957
医療費¥15,000¥14,400¥600
通信費¥15,000¥23,469-¥8,469
交通費¥5,000¥2,500¥2,500
保険¥5,000¥5,000¥0

家計簿の反省

被服費の出費タイミングを月初に判断できていない・・・

被覆・美容費が予算オーバー。
この集計期間は美容院に行っていないため、全額被服費です。
より具体的にはユニクロUで春服を購入した分。

月初めの予算立てのタイミングで「今月は服を買うぞ!!」と決めて予算に反映すれば良いのに、それができていないせいで予算オーバーとなっている。

「予算オーバー」と言いつつも、バッファーとして設定している自由費で吸収しているので家計簿全体で赤字にはなっていない。また、自由費を超えた場合はプール金で補填する予定。とは言えども「予算範囲内に収める」のがベストなのは間違いない。

ラインナップが発表されてから購入するか考えるので、予算を立てるタイミングで金額を考えるのは難しいのですよね・・・

他の人達はどうしているのだろうか。

通信費

珍しく通信費が予算オーバー。
これは自宅回線(モバイルルーター)の乗り換えをしたことが原因。

旧回線の解約に伴う費用と新回線の初期費用などが合わさった結果です。

ちなみに新回線はFUJI Wifiの100ギガPlusプランです。

FUJI Wifi 公式サイト|モバイルWifiルーター、SIM
FUJIWifi(フジワイファイ)は、わざわざお店に行かなくてもWebから簡単にお申込みできるモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスです。FUJIWifiは、契約期間の長期縛りなし。お手元に届いたその日からすぐ使えるので面倒な工事や配線もありません。SIMカード単体のレンタルプランもございます。高速かつ簡単にスマ...

最後に

2020年1月の家計簿結果報告でした。

年明け以降、残業の削減圧力がとても強くなりました。(もちろん業務量は据え置き)
来月以降のお給料はかなり渋いことになりそうです。

コメント