MidoNote

コミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

迫りくる新年会ラッシュの恐怖!社会人1年目の家計簿(2018年1月の予算)

新年会ラッシュの恐怖

2017年もほとんど終わり。

部署の忘年会も大掃除も終わって、あとは消化試合なミドノンです。

忘年会が少なかった分、新年会の数が多いので出費が怖いですね。

 

そんな訳で1月の予算です。

(期間:2017/12/25~2018/1/24)

2018年1月度家計簿(予算)

支出 予算
生活費 ¥149,860
自由費 ¥12,416
奨学金返済 ¥22,350
特別費積立 ¥5,000
貯金 ¥5,000
投資 ¥45,000
合計 ¥239,626

1月の予算は239,626円です。

(手取りから寮費など天引き分を差っ引いて、社食などが二重カウントされないように調整した金額)

普段よりもかなり多いです。

 

クリスマスプレゼントってわけではなく、残業年末調整のおかげですね。

(4月に入社してから11月までにした残業時間の合計)<(12月の残業時間)だったもん。

残業代だけで額面が10%以上変わるくらい頑張りました。

「生活残業って概念が生じるのも仕方ないな…」って思いましたね、私はしたくないですけども。

 

また、年末調整で所得税が還付されました。

お得に感じますけど、実際は「源泉徴収で取りすぎたものを返却するね!」ってだけなんですよね。

騙されないようにしなきゃ…

 

そんなわけで潤沢な予算ですが、生活費の内訳はこんな感じで予定しています。

支出内訳 予算
食費 ¥30,000
被服費 ¥15,000
医療費 ¥8,000
交際費 ¥50,000
教養費 ¥5,000
娯楽費 ¥5,000
交通・通信費 ¥17,860
日用品 ¥8,000
保険 ¥11,000
自由費 ¥12,416

特別費積立と貯金

特別費積立はいつもどおり5000円。

「新年会ラッシュで特別費を使い切るかも」と恐れていましたが、残業代と年末調整のお陰で大丈夫かも……

また、ちょっと余裕があるので、普段は0円の貯金にも5000円支出です。

投資

45,000円の内訳は次のとおりです。

  • 持株会¥11,000 
  • iDeCO¥12,000
  • つみたてNISAに向けての待機資金¥12,000
  • 来年のノーセルリバランス用の待機資金10,000

普段だと1番下の項はないのですが、今回は年末調整と残業代で余裕があるので、未来に備えました。

貯金で寝かしておくのとは違って、使いみちが具体的です。

 

そろそろ投資について本格的に決めないとな……

もうちょい本読んで、方針きめます。

交通・通信費

帰省に使う新幹線の料金は12月分に計上したので、やや少なめです。

「それにしては高いな?」ですって?

田舎に住んでいるせいで、ちょっと街に出かけるのにもお金がかかるんです!!!

交際費

新年会がメッチャ多いということで、多めに計上。

帰省期間のほぼ毎晩、新年会(という名目の飲み会)があるの。

アホじゃないかってくらい増額したので、これで足りるはず。

足りるよね?……

 

あなたの年末年始の忘年会費はトータルでどのくらいですか?