MidoNote

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MidoNote

とあるコミュ障理系院卒が普通になるまでの記録

卒業と別れ。新社会人になることや新生活への不安。

大学 雑記

f:id:midonon:20170324021941p:plain

こんにちは。ミドノンです。
6年間の学生生活を終え、卒業しました。
4月からは社会人として頑張っていきます。

修論発表から卒業旅行までの間に後輩への引き継ぎのためにデータをまとめました。
修論発表の様子はこんな感じです。

www.midonote.com

 思ったよりも成長

学部4年生(B4)で研究室に配属されてから大学院2年生(M2)で卒業するまでの研究データを整理している最中に思ったことがあります。
それは「あまり研究していないと思っていたが、結構研究やっていたんだな」ということです。
後輩に引き継ぐようにデータを抜粋して、写真を含めずに4GB弱の容量がありました。
もっと薄っぺらいと思っていたのでびっくりしました。

また、量だけではなく質の変化にも驚きました。
ディスカッション資料や報告書もB4の頃に比べてだいぶマシに進歩していました。
B4の頃は論理の流れ、グラフの形などがめちゃくちゃでしたが、M2のものはだいぶ整っていたのです。

日々の進歩というものは僅かなものであり、日々、忙しく過ごす中では気づきにくいのかもしれません。
そして、今回のように長いスパンのものを一気に見たときにふと「あれ、進歩してる?」と気づくのです。
自分の身長が伸びていることに家族よりも親戚のおじさんの方が敏感であるのと似ています。
これからも自分では気づかない、でも、久しぶりにあった人には「成長した?」と言われるように研鑽していきたいです。

別れはあっさり

卒業式や学位授与式、同期との最後の飲み会を済ませて帰宅し、記事を書いています。
私は地元から離れた場所に就職したので、今日が今生の別れであったかもしれない人もいたはずです。
ですが特に感動の涙や別れを惜しむこともなく、あっさり「また会うときまで」と解散してしまいました。
なぜでしょうか?
心の底で「どうせまた会える」と思っているからなのでしょうか?

思い返してみると24年の人生のうち、6+3+3+4+2=18年は学生をやってきました。
パーセンテージにすると人生の75%です。
いままでは環境が変わると言っても学生であるという意味では小学校の延長をずっと続けてきたようなものでした。
そのため特に感傷に浸ることもなく、次のステージに進んできました。

しかし、今回の環境の変化は今までとは大きく異なる気がします。
不安を明確に言葉にすることはできないのですが、漠然としたとても大きな不安があるのです。
この漠然とした不安に押しつぶされず、また、言語化できるような人間になりたいですね。

追伸

卒業後も登校する可能性を心配していましたが避けることができました。
社会人になるまでの最後の1週間はなにをしようかな?
社会人先輩の皆様方にお願いがあります。

学生のうちにやっておけばよかったことなど、なにかおすすめがありましたらご教授ください。

バイトするなら海外の方が気が楽かも

雑記

f:id:midonon:20170321234452p:plain

(画像提供:アイキャッチャー)

こんにちは。ミドノンです。

6年間在学した学校からもうすぐ卒業します!!
3月中旬に10日間ほど卒業旅行として海外に行ってきました。

観光地、ご飯、道中であったトラブルや役に立ったものなどの記事は写真整理が終わってから投稿するとして、初めての海外旅行を経験して思ったことがあります。
働くなら日本よりも海外の方が気楽じゃない?

ヨーロッパに行ってきた

長期間休めるのは学生の間だけだと思い、旅行するのに時間がかかると評判のヨーロッパを旅行先に選択したのが2016年6月のこと。
そして海外旅行初心者におすすめとされるイタリアとドイツを選択し、計画を練り始めたのが2016年末。
節約のためツアーを利用せず、宿や飛行機を自分たちで決定する典型的な学生海外卒業旅行をしてきました。

10日間ほどの旅行なのでいろいろなお店や施設を利用しました。
そして利用した店の多くで次のように感じたのです。
「あれ?日本と比べて店員の接客が雑じゃない?」

日本でも雑だよね

あなたはコンビニやレストランで外国人店員に接客されて「雑だなぁ」と思ったことはありませんか?
日本にいる外国人の方はジャパナイズされています。
本場ではもっと雑です。

どんな感じなのか列挙します。

  • お店で会計する際のお釣りは手渡しやトレイに置くのでなく投げつけられます。
  • 基本的に仏頂面でスマイルは有料です。
  • 列車の検札時に挨拶などはなく手を差し出されるだけです。

節約のため安い店にばかり行ったというのもあるかもしれませんが、日本でいうところのJRに値する鉄道でも雑な対応でした。

それなのにノークレーム

そのように全体的に雑な接客であるのに文句を言っている場面には一度も遭遇しませんでした。
日本だったらまずクレームの入るような接客態度が多いにも関わらずです。
これは客側がこのような接客を受け入れているということではないでしょうか。

料金に対するサービスの質から考えると客として利用する分には文句なしに日本のほうがいいです。
これは間違いないと思います。
しかし働く側として考えると求められるレベルが低いので海外の方が働くのは楽かもしれないなと思いました。

コンビニを始めとして料金の低い(=賃金の低い)仕事に高級店のようなサービスを求めるのは行き過ぎかもしれません。
良いサービスを享受するためにはそれ相応の対価を払う必要があります。
日本によくある「お客様は神様です」という考え方に甘えすぎることは悪なのかもしれません。
あと10日もすると社会人として働きはじめるのでそう感じただけかもしれません。

理系学生は必見、就活で役立つ研究概要の書き方

就職活動

f:id:midonon:20170320011240p:plain

こんにちは、ミドノンです。
就活が解禁されて20日が経過しました。

皆さん、進捗どうですか?
多くの企業で説明会が開催されており、志望企業を絞っている時期だと思います。

研究概要は志望企業が定まっていなくても作成することができます。
そのため「まずは
研究概要を作ろう」という話をいろいろな記事の中でしてきました。

 

www.midonote.com

www.midonote.com

 

今回は研究概要の作り方について詳しく書きます。

 

研究概要って何に使うの?

どうして研究概要が必要となるのでしょうか?
それはもちろん研究概要を通じて確かめたいことがあるからです。
しかし、企業が研究概要で確認したいことはあなたが学部生であるか、大学院生であるかによって異なります。

学部生ではまだ研究に取り掛かっていない場合が多いです。
そのため専門性を見ることが目的であるとは考えにくいです。
これまでどのようなことを勉強してきたのかを知るためのツールとして研究概要が求められます。

大学院生の場合、学部に比べて2年間長く研究をするので専門性が求められます。
むしろ専門について述べることはできて当然の前提条件であり、自身が研究していることをわかりやすく説明する能力があるのかも確認されます。

読者はだあれ?

研究概要を作成するときは読む相手を想定することが必要です。
読むのが人事の方なら素人向けに書くべきです。
どの程度の内容が素人向けかという疑問が生じると思います。
理系の大学に通っていると必然的に周囲にも理系の人材があふれて、自身にとっての普通が世間一般の普通とかけ離れていきます。
そのため同じ学部の友人ではなく、文系学部の友人が見て分かる程度の内容を目安にしましょう。

また、読むのが技術職の方の場合でも学会要旨の様に専門用語を連発するのはだめです。
技術職の方は科学についての素養や業務に関係する分野についてはスペシャリストです。
しかし、あなたの研究分野に関しての専門家ではないからです。
どの程度の内容を目安とするかが問題となります。
同じ学年の専門の違う研究室の友人が見て理解できるレベルの内容にしましょう。
あなたが分析化学の研究をしているのであれば、有機の友人にでも確認してもらいましょう。

何を書けばいいのか

研究概要はA4用紙1枚または2枚にまとめて提出するように指示されることが多いです。まずはA4用紙2枚のものを作りましょう。
その後、内容を削ってA4用紙1枚バージョンを作ります。
これは膨らますよりも削るほうが楽だからです。
ガクチカや志望動機にも同じことが言えるので、文字数の長いバージョンから作成するようにしましょう。

研究概要を作成する上で重視すべきものを列挙します。
数字と重要度は関係ありません。

  1. 研究目的
  2. 既往の研究に対するオリジナリティ
  3. 何が問題でこの研究をするのか
  4. 研究結果は社会をどう良くするのか
  5. どのような手法で研究を行う(行った)のか
  6. 最終目標はなにか
  7. 自分が何をやったのか

A4二枚なら研究背景についても紙面を割くことができるので1,3,4の説明が楽になります。
面接では3,4について尋ねられることが多かったので企業はこの部分に興味を持っているのではないか、と私は考えています。

学部生の場合、結果が出ていない段階で書類提出なので必然的に1,3,4について書くことになると思います。
配属されてすぐ就活なので研究についての知識が少なく苦労するでしょう。
院生も就活や卒業旅行で忙しそうにしていると思いますが怯まずに聞きに行きましょう。
待っていても説明してはくれません。
「自分の人生がかかっている」というくらいの強い気持ちで質問しましょう。

文体はどうしよう?

常体(である)でも敬体(ですます調)でもどちらでも構いません。
自分が書きやすい方で大丈夫です。そこは本質ではありません。
私はA4用紙3枚を要求されて紙面を埋めきれないときは敬体を使い、逆にA4用紙1枚で紙面が足りないときは常体で作成しましたがどちらも通過しました。

誰に向けて書くか迷ったら

企業の提出書類のページや説明会で「人事(あるいは技術職)向けに研究概要を作成してください」と指定されていれば楽ですが、そのように指定されているケースは少ないです。
その場合にベストなのは誰を対象に書けばいいか聞くことです。
説明会の最後などで個人的に聞きに行きましょう。

読者がどちらかわからなければ簡単にすることをおすすめします。
難しすぎると「この学生はわかりやすい説明できないのだな。相手の理解力を想像することのできないコミュ障なのかもしれない」と思われる可能性があるからです。

「選考にあたって特に重視した点」に「コミュニケーション能力」が一番となる中でコミュ障であると誤解されるのは大きな失点です。

f:id:midonon:20170320011313p:plain

経団連:2015年度新卒採用に関するアンケート調査結果 (2016-02-16)

この調査結果のp13にあるグラフを根拠にしています。

簡単すぎると技術職の方が読者であった場合に困るのではないか、と疑問に感じるかもしれません。

ですが、相手が詳しい人ならば口頭で聞くだけでも理解できます。
面接の際に「もっと詳しく説明して」と言われるだけで、特に問題はありません。
もしも「なんでこんなに簡単な内容で書いたの?」と尋ねられたら「人事の方が読むと思いました」とでも答えておきましょう。

また、指定がなければホッチキス(ステープラー)でもクリップでもどちらでもいいと思います。
わたしがクリップ、同期がホッチキスで提出した企業がありますが2人とも通過しました。

まとめ

今回は私の経験を踏まえて研究概要の書き方について考えました。
しっかり書いたら2500字くらいといつもより少し長くなってしまいました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

私は就活終了まで学会に出ることがなく、試行錯誤してこのスタイルに落ち着きましたが学会などに出慣れている人は自分のスタイルで書くのが一番だと思います。

今回紹介した方法はあくまで私の個人的な意見であり、絶対的な正解であることを保証するものではありません。

就活生の皆さんは体調に気をつけてがんばってください!!

 

やる気を出すためにはまずはやることが大切って話

勉強

f:id:midonon:20170304230911p:plain

こんにちは! ミドノンです。

最近、社会人になるために何か勉強したほうがいいんじゃないかと不安になっています。
大学での体験が活かせないかと思い、勉強法について考えてみました。

勉強の正しいやり方って何だろう?

効率の良い勉強の仕方がわからない。
無駄なことはしたくない。
だから勉強しない。

そんな人を塾講師のアルバイトをしていた時にたくさん見てきました。
私自身も同じように勉強法を求めて試行錯誤し、実際の勉強がおろそかになっていた時期があります。
しかしそれではいけません。

どうやって抜け出したのか

そんな私ですがあることをきっかけに勉強法探しをやめ、勉強に力を入れるようになりました。
それは、当時通っていた塾の先生が放った次の言葉です。
「効率とかそんなものは気にするな。とりあえず手を動かせ。」

どういうことだ?

……先生が脳筋なわけではありません。
きちんと説明もありました。
誰しもが一度は聞いたことのある言葉、PDCAサイクル。
先生はこれを回せ、と言いたかったのです。

本来は次のようにサイクルを回すべきです。 

  • P 勉強法を探し、勉強計画を立てる
  • D 勉強する
  • C 結果を確認する
  • A 新たな計画を立てる

しかし、私は本来のサイクルではなく次のサイクルを回していました。

  • P 勉強法を探す
  • P もっといい勉強法を探す
  • P もっともっといい勉強法を探す

勉強の仕方を考えることだけに時間をかけ、実際に勉強しないで、PDCAサイクルのPで永遠に足踏みしていたのです。
いま、あなたは足踏みをしていませんか?
効率の良い勉強法を求めることに夢中になって無限Pループにハマっていませんか?
思い当たる人はとりあえず手を動かしましょう!

まとめ

とりあえず手を動かせ、そうすればやる気が湧いてくる。
矛盾しているようだけど、とりあえずやってみよう。

何で単語を知っているだけで英作文ができると思うの?

勉強

f:id:midonon:20170219193250j:plain

こんにちは! ミドノン(@LearnMidonon)です。
研究する際、必要に迫られて英語を勉強しました。
その体験から英語の勉強法についての考えを述べたいと思います。
具体的な勉強法については今回は触れず、どのような戦略をとるのか説明します。

受験英語がベースなっていますが、ご容赦ください。

 

英語学習の「4要素」と「書く」の重要性

 英語学習には4つの要素があります。
「話す」「聞く」「書く」「読む」の4つです。
ですが、受験の英語には「話す」要素がほとんどありません。
代わりに「語彙(文法含む)」が必要となります。
そのため、「語彙」「聞く」「書く」「読む」の4つが受験英語の要素となります。

読む」と「語彙」。
この二つを重視している人が多いように感じます 。
私がこう感じる理由は「おすすめの英語の参考書を教えてください」と聞くと、単語集と長文問題集の名前をあげる方が多いからです。

確かに「読む」と「語彙を重視した速読英単語(Z会)は、英語参考書の中でも長期にわたってよく売れています。
このことからわかるように「読む」「語彙」は重要な要素であることは間違いありません。

単語が分からないと何が書いてあるのか全くわからず話になりません。
長文問題は大学受験でも配点が高いことが多いです。
「読む」と「語彙」を重視するのは自然な選択です。

しかし、それを十分に分かっていながら、私は別の要素を重要視すべきだと思います。「書く」という要素です。
もちろん理由もなしにそ言っているわけではありません。
大きく分けて3つの理由があります。

「書くこと」が大切な3つの理由

  • 他の人が全くできないから(英作文対策はあまりなされていない)
  • 短い時間で点が簡単にあがるから(やり始めてすぐに点数が上がる)
  • 配点が問題の割りに異常に高いから(短時間で得点を稼ぎ出すことができる)

 典型的な大学受験生の時間配分は、「長文読解と文法と語彙に10中9の時間をかけて残りの1で英作文とリスニング」だと思います。
単語と文法を知っていれば正しい英文が書けると思いがちだからです。

 私もその思い込みをしていました。
しかし、次の問いを何かで見て間違いに気づいたのです。
「単語を知っているだけで長文が読めないのは分かってるよね? それなら、何で単語を知っているだけで英作文ができると思うの?」

これを聞いてから英作文の勉強を意識的にするようになりました。
もちろん、簡単な文であれ、「正しく」それも「素早く」書くことは思っているほど簡単なことではありません。
単語暗記式の勉強をしてきた私には辛いものでした。

短時間で点数を上げるという観点から見て、英作文は長文読解より難易度が低い事が多いです。
苦労する価値があることは間違いありません。